注文住宅のスペースを活用した収納場所

生活の中で普段使うもの、たまに使うものなど、家には物を収納できる場所が必要になってきます。注文住宅を建てる際に収納場所をきちんと確保しておくと、使いやすい家で快適に過ごせます。収納場所をどこに確保するかについてですが、クローゼットや押入れが定番です。ただ、これらの収納場所と違う場所にも確保できると便利です。例えば、階段の下のスペースです。ウォークインクローゼットのような収納場所だと、それだけのために面積を用意しなければなりません。しかし、階段の下であれば余ったスペースを有効活用できますし、面積を広く確保する費用をかけずに済みます。扉型の収納の他、引き出し型の収納を階段の下につけるのがおすすめです。階段下に収納スペースを確保する際には、階段の強度が下がらないよう注意したいところです。建設を依頼するハウスメーカーに相談し、階段下の収納に関するメリットとデメリットについてアドバイスを受けながら、決断するようにします。