資金計画の考え方について

一戸建てを購入する前にまず考えるべきは資金計画です。一生の住まいにするのであれば特に問題はないと思いますがどこかのタイミングで実家に戻ったり、引っ越しをすることが前提であればどれだけ高く売ることができるか、または貸すことができるかを検討しなければなりません。実際にイニシャルコストが高くかかってしまったとしてもトータルで考えた際に損益が少なくなるのであればイニシャルコストをかけるべきだと思います。ここでポイントになるのは上ものと土地ですが、残念ながら上ものは価値が落ちる一方です。逆に土地に関しては5年後、10年後の都市計画を考えて以下に下がらない場所であるかはきちんと調べれば出てきます。ここまできちんと考えてどこに一戸建てを立てるかを決めて資金計画を寝れば長期的に見たときに資産のロスが少なくなると思います。もちろん、正解があるわけではないのでプランだけでもきちんと考えることをまずは先行すべきだと思います。