住宅の窓の位置と通行人の視線

普段から人がいる事が多い場所は、外からの視線も考慮する必要があります。それは、間取りを決めるポイントの1つになるのです。
家のすぐ目の前には、もちろん道路があります。その道を通りがかる人物は、家の中を見てしまう事もあるのです。家の住民からすると、外からの視線は大変気になります。
例えばリビングに滞在して、長時間テレビを視聴し続ける事もあるでしょう。そのリビングにある窓からは、通行人が家の中を見てしまう可能性があるのです。その目線が気になると、テレビを見るのに集中できなくなってしまう事があります。プライバシーは、決して軽視できないのです。
ですから人通りが多い道路に面している場所には、あまり窓を設置しない方が良いのです。窓の位置は、実は家作りの大きなポイントの1つになるのです。
もちろん窓の外に生け垣を設置したり、塀などを設置する方法もあります。それが難しいのであれば、やはり住宅の窓の配置はよく考える必要があります。